竹もり工芸部 掲示板

31848
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

3月度竹細工 - こやま

2018/02/24 (Sat) 08:59:13

3月3日の活動日はカシマさんが都合で来られないということで、鍵を預かっています。楽しく、そしてケガのないよう心がけましょう。

2月度竹細工 - カシマ

2018/01/31 (Wed) 17:21:15

竹もり工芸部の活動日は2月3日(土)9時30分スタートです。今回も寒くなりそうなので、防寒対策は十分にしてご参加下さい。

Re: 2月度竹細工 - こやま

2018/02/02 (Fri) 12:26:12

明日はダムを渡る橋の上が凍るかもしれないので、一つ手前から回り道をして行こうと思います。

無題 - とやま

2018/01/31 (Wed) 01:36:13

2月3日土曜日の竹もり工芸部はあるのでしょうか?
勝浦のシンポジウムが同日なので念のため確認します。

私なりのコツ-その2 - こやま

2018/01/29 (Mon) 16:35:40

初めの頃、皮次ぎが取れなくて苦労した覚えがあります。多いのは節越えで薄くなってしまうことです。理由として考えているのは、身側の節が残っているとその分だけ身が勝ってしまい、割れが皮の方に押されるのではないかと思います。こまめに節は落とすようにしています。

ケガしないための注意点-その0 - こやま

2018/01/25 (Thu) 15:44:43

大事なことを忘れてました。私が最初に言われたのが、脇を締めると言うことでした。そうすることで、ナタが大きく動かずにすむからです。

ケガしないための注意点-その3 - こやま

2018/01/10 (Wed) 18:28:13

注意点というよりは私なりのコツみたいなものですが、
小割では刃を身の方から当てて竹を外側に押し広げるように入れて行きます。
剥ぎでは刃はまっすぐ当てますが、刃を押し込む時に少し刃先の方にずらすように入れています。

ケガしないための注意点-その2 - こやま

2018/01/07 (Sun) 06:41:46

以前に持ち方を挙げました(「これから始める人向けのページを見つけました」'17.8.8)が、もうひとつ。
ナタが錆びていると滑りが悪いので余計な力が要るようになります。
そのため、割れが入った時にナタに勢いがつき、持ち方が悪いとケガしやすくなります。
ナタが錆びていたら、こまめに研いで、使い終わったら油を塗り、防錆紙か油を含ませた布で包むと良いと思います。

今年初めての竹細工 - カシマ

2018/01/02 (Tue) 17:54:55

新年あけましておめでとうございます。天候にも恵まれ素晴らしい初春を迎えられていることと思います。竹もり工芸部の初竹細工は1月6日(土)9時30分スタートです。寒さも増してきていますので暖かい服装でお越し下さい。

Re: 今年初めての竹細工 - こやま

2018/01/04 (Thu) 18:24:12

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

明日の竹細工 - こやま

2017/11/03 (Fri) 17:45:21

午後からの参加となります。
油抜きした竹があるので、持って行きます。
ご希望の方はどうぞお持ちください。

油抜きのイメージ - こやま

2017/10/17 (Tue) 11:04:33

基盤を上から見たもの(下)と立ち上げを横から見たのイメージ(上)を描いてみました。大きさは内寸で1.8m x 0.3m x 0.3mHくらいです。
基盤は壊す時のことも考えて砂目地とし、立ち上げは1層目の縦目地は空気を取り込むために空目地で後は耐火モルタルでどうでしょう。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.