竹もり工芸部 掲示板

34730
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

8月度竹もり工芸部 - カシマ

2018/07/31 (Tue) 20:50:58

今年の夏はとにかく暑いです。皆さん熱中症対策を十分とってきてください。半ズボンにサンダル履きが良いと思います。
8月4日(土)9時30スタートです。ハンモック準備しておきます。

Re: 8月度竹もり工芸部 - 金井

2018/08/03 (Fri) 07:58:02

カシマさん、ご無沙汰しております。金井です。明日、行く予定でしたが、都合がつかなく、なってしまいました。残念…。また来月ヨロシクお願いいたします。

Re: 8月度竹もり工芸部 - あらい

2018/08/03 (Fri) 17:47:45

日焼け対策、虫よけもあると快適です!

7月度竹もり工芸部 - カシマ

2018/07/06 (Fri) 13:56:45

7月7日七夕は竹細工です。9時30分スタートですので奮って参加下さい。

Re: 7月度竹もり工芸部 - こやま

2018/07/06 (Fri) 16:52:50

天気もちそうでなによりです。

Re: 7月度竹もり工芸部 - こやま

2018/07/06 (Fri) 17:31:10

明日は本台で竹取してから参加します。

私なりの工夫-研ぎ編 - こやま

2018/06/09 (Sat) 17:44:48

ケガをしない注意点でも書きましたが、研ぎも大切です。
写真は研ぎに使っている道具です。近くの刃物店で研ぎの教室があり、バットの中に砥石台をセットしていたのを真似てみました。コンクリートブロックは以前、メンバーの方から砥石のドレス(へこみを直すこと)にいいと教わったので。主に使うのは1000番の砥石で、教室ではこれだけで十分とのことでした。私なりの工夫としては、その後、バルサ材を砥石台の上に置いて、その上にサンドペーパーを載せて仕上げに使っています。
以前、日本刀の仕上げは桐を使うと聞いたことがあるのですが、やってみたら気が遠くなりそうなのでやめました。

Re: 私なりの工夫-研ぎ編 - こやま

2018/07/05 (Thu) 17:43:11

仕上げ用の砥石もあるのですが、1000番の中砥石と凹み具合が違うので全体を仕上げるにはかなり根気がいることになりそうです。

ケガしないための注意点-その0 - こやま

2018/01/25 (Thu) 15:44:43

大事なことを忘れてました。私が最初に言われたのが、脇を締めると言うことでした。そうすることで、ナタが大きく動かずにすむからです。

Re: ケガしないための注意点-その0 - こやま

2018/06/06 (Wed) 08:41:08

注意点シリーズ再掲します。

これから始める人向けのページを見つけました - こやま

2017/08/08 (Tue) 06:28:15

丁寧に書かれていますので、参考になると思います。
「まーちゃんの竹細工と竹工芸」というページです。
http://www.gctv.ne.jp/~sao-masa/takekougei/takekougei.html

Re: これから始める人向けのページを見つけました - こやま

2017/08/08 (Tue) 08:04:09

竹割りで説明はありませんが、大切なこととして材の持ち方があります。
親指と人差指で横を挟むように持っています。
これを表裏を抑えるように持つと勢い余って指を切る危険があります。

Re: これから始める人向けのページを見つけました - こやま

2017/08/08 (Tue) 08:57:31

材の呼び方として写真の上側(表面)が皮、下側(内側)が身。
まず厚さ2〜2.2mmに皮側をはぎます。
次に六目カゴでは厚さ1mmの皮と1〜1.2mmの皮次に剥ぎます。
四海波花カゴでは厚さ0.6mmの皮を剥いで、さらに皮次を2枚に剥ぎます。

Re: これから始める人向けのページを見つけました - こやま

2018/06/06 (Wed) 08:39:03

注意点シリーズ(Re:1)再掲します。

ケガしないための注意点-その2 - こやま

2018/01/07 (Sun) 06:41:46

以前に持ち方を挙げました(「これから始める人向けのページを見つけました」'17.8.8)が、もうひとつ。
ナタが錆びていると滑りが悪いので余計な力が要るようになります。
そのため、割れが入った時にナタに勢いがつき、持ち方が悪いとケガしやすくなります。
ナタが錆びていたら、こまめに研いで、使い終わったら油を塗り、防錆紙か油を含ませた布で包むと良いと思います。

Re: ケガしないための注意点-その2 - こやま

2018/06/06 (Wed) 08:35:17

注意点シリーズ再掲します。

ケガしないための注意点-その3 - こやま

2018/01/10 (Wed) 18:28:13

注意点というよりは私なりのコツみたいなものですが、
小割では刃を身の方から当てて竹を外側に押し広げるように入れて行きます。
剥ぎでは刃はまっすぐ当てますが、刃を押し込む時に少し刃先の方にずらすように入れています。

Re: ケガしないための注意点-その3 - こやま

2018/06/06 (Wed) 08:34:08

注意点シリーズ再掲します。

私なりの工夫-刃物編 - こやま

2018/06/05 (Tue) 18:08:51

遍歴をご紹介しようと思います。最初は竹割鉈から始めたのですが、思うようにいかないので、私なりの工夫をした次第です。
右から竹割包丁、柄が持ちにくかったので削って、その分、トウを巻きました。
その左は最初の竹割鉈ですが半分の長さで切りました。
次ぎの二つは皮むき包丁と肥後守のナイフです。どちらも先は切ってあります。
次ぎが目下のマイブームというか、刃が少し上を向いているのが特徴です。

Re: 私なりの工夫-刃物編 - こやま

2018/06/05 (Tue) 18:28:22

なぜ遍歴を繰り返したかを少しお話しします。
最初の鉈はホームセンターで買ったものでしたが、しばらく使っているうちに刃が波打ってきてうまく研げなくなりました。
竹割包丁というのがあると知り、カッコ良さそうなのでネットで買いましたが、柄の角度がきつくて持っていると指先が痛くなりました。
もっと持ちやすくて、軽いのはないかと変遷を繰り返した次第です。

アドレス 扇谷 広志

2018/05/31 (Thu) 13:04:31

アドレスを間違えました。下記の通りです。

竹細工へ参加希望 扇谷 広志

2018/05/31 (Thu) 08:50:49

おはようございます。扇谷と申します。7/7の竹細工へ参加したいのですが。初心者です。よろしくお願いします。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.